[PR] SEO 墨汁二滴: イレギュラー

2006年10月10日

イレギュラー

・イレギュラー(三羽省吾)評価5.0



素質だけなら全国レベル、態度だけならメジャーレベル。
蜷谷高校野球部ピッチャーのコーキはくすぶっていた。
見つからない練習場、長引く避難所生活。
ピッチングするように右腕を振ると、胸の中のもやもやが晴れていく気がした。
新鋭作家が描く、田舎野球部の青春物語。


くやしい。
こんなおもしろい小説書きやがって。
それが読み終えたときの感想。
本作は"バッテリー"に匹敵するぐらい熱く、それ以上に笑いに満ちた熱血スポ魂小説だ。
コーキの成長、K校野球部との友情。
苦しい状況でもどこか陽気な蜷谷村の村民たち。
ぐいぐい物語りに引き込まれていった。
文句なしに面白い小説。

この著者の他作品も読んでみたい。
posted by 歯車 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 5つ星本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。