[PR] SEO 墨汁二滴: 「銃とチョコレート」乙一

2007年05月27日

「銃とチョコレート」乙一

55 銃とチョコレート(乙一)評価3.5
銃とチョコレート

名探偵ロイズにあこがれる下町の少年リンツ。
亡父に買い与えられた聖書が彼を冒険へと導く。
乙一が描くこどものための冒険小説。

せつなさは感じられない。
どちらかといえば黒乙一寄りな作品。
物語のはじめは退屈。
しかし半分くらいで予想外の展開をみせるので最後まで読めた。
作品としては楽しかったけど、
乙一ファンとしてはそろそろ白乙一のせつない作品が読みたいです。
posted by 歯車 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 3つ星本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。