[PR] SEO 墨汁二滴: 「サマー/タイム/トラベラー」新城カズマ

2007年07月16日

「サマー/タイム/トラベラー」新城カズマ

59 サマー/タイム/トラベラー1,2(新城カズマ)評価3.0
サマー/タイム/トラベラー (1)  ハヤカワ文庫 JA (745)

これから話すのはただ単に、
ひとりの女の子が――文字通り――時の彼方へ駆けていった。
そしてぼくらは彼女を見送った。
ただそれだけの話だ。
大人になった主人公の目から語られる高校生たちのほろ苦い青春SF小説。


村上春樹的な後悔を滲ませた語り口は好みだったけど、
主人公たちの言っていることが電波で理解できなかったり、
ストーリーがあまり盛り上がらなかったためかあまり楽しめなかった。
キャラクターも立っているようで立ってなかったりといまひとつ。
ただSFマニアなら楽しめるかも。
主人公たちが集まる喫茶店が「夏の扉」だったりと、
そこらかしこにSFファンをにんまりとさせるフレーズが散りばめられているので。
へっぽこ本読みのぼくは全然わからなかったですけど。
posted by 歯車 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 3つ星本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48066837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。