[PR] SEO 墨汁二滴: 「愚者と愚者」打海文三

2007年07月29日

「愚者と愚者」打海文三

69 愚者と愚者 上下(打海文三)評価3.5
愚者と愚者 (上) 野蛮な飢えた神々の叛乱

内戦状態が続く荒廃した日本。
20歳になった海人は孤児部隊の司令官となっていた。
荒んだ世界で生きる少年と少女の成長物語。

「裸者と裸者」の続編。
海人が戦場の一兵士ではなく司令官になったためだろう。
戦術的な視点ではなく戦略的な視点で物語が進み、
前作で漂っていた戦場の臨場感や緊迫感がが若干薄れてしまった気がする。
それが少し残念。
けれど、相変わらず一気読みさせられるぐらいおもしろい。
続編が出るのが楽しみ。
posted by 歯車 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 3つ星本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。