[PR] SEO 墨汁二滴: 「麦の海に沈む果実」恩田陸

2007年09月10日

「麦の海に沈む果実」恩田陸

78 麦の海に沈む果実(恩田陸)評価3.0
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

三月以外にやってくる転入生はが学園に破滅を招く。
理瀬が迷い込んだのは不思議な言い伝えのある三月の国だった。
退廃的で閉鎖的な世界をうつくしく描いた物語。

「六番目の小夜子」とよく似た雰囲気の作品。
物語が進むほど悲惨なことがおきそうな不気味さはいいと思う。
ただおもしろさはいまひとつだった。
ミステリとして読むと事件の真相は大風呂敷を閉じるために
無理矢理つじつまあわせた感じですっきりしない。
青春小説として読んでも登場人物は淡々としており熱くなれない。
恩田陸さんは人気の作家さんなので、
流れにのっていくつか読んだけど、ぐっと来るのはなかったなー。
やっぱり合わないのかね。
posted by 歯車 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 3つ星本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。